08.名古屋の有名どころしか紹介しない観光雑誌は間違っている。【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

一日目の「擬似デート」を終えた中川 八熊は、早くも来週に迫った次回のプランを練っていた。

いわゆる王道なプランは今回の港エリアだが、名古屋にはもっと知られていない、素敵スポットが多く眠っている。

資料を漁りながらも、次回のプランを纏め終わった中川 八熊は、深い眠りについた。

集合場所は、砂田橋駅の改札口だった。

…砂田橋と言えば、地下鉄ホームを渡っている動画をUPして炎上した女子高生は元気だろうか。

…そんな事を考えながら改札口に立っていると、程なくして大高 和音が姿を現した。

「おはよう。エコきっぷは買った?」

「はい! 今日もよろしくお願いします!」

今日も眩しい笑顔を振りまく美少女 大高 和音は、嬉しそうにエコきっぷをこちらに見せる。

「とりあえずモーニングでも行こうか。」

そう言って向かったのは、名古屋市内の至る所にある「支留比亜珈琲

名古屋市内の至る所にある、名古屋発祥の喫茶店だ。

モーニングサービスはもちろんの事だが、ランチやカフェタイムの利用では「カルボトースト」という重めの軽食も楽しめるのが魅力だ。

「…さて、今日のプランなんだけど…、メールでも伝えた通り、割と歩くけど大丈夫かな?」

「はい!スニーカーで来たので大丈夫です!」

そう言いながらトーストをかじる大高 和音は、中川 八熊が心配するまでもなく元気に溢れていた。

そもそもヒキニートの中川 八熊より、現役女子高生の方が体力があるに決まっている。

「じゃあ、今日行く所のパンフ渡しておくね。」

そう言って中川 八熊は、鞄から数枚のパンフレットを取り出す。

水の歴史プロムナードと、恋の三社巡り。これが今日行く所だよ。」

「すごい!1回も聞いた事ないけどデートっぽい!!」

「名古屋散歩って感じのプランだね。会話の時間が多く取れて良いと思うよ。」

「じゃあ早速行きましょう!」

そう言ってコーヒーを飲み干す美少女に合わせて、中川 八熊もトーストの最後の一口を口に放り込んだ。

…しかし、水の歴史プロムナード恋の三社巡りも聞いた事がないなんて…

…やはり有名どころしか紹介されない観光雑誌は、間違っている…。

9話-尾張のクロニクル


これまでのおはなし

1話-やはり名古屋の観光に来るリア充は間違っている。
2話-ネットの名前はハンネだと思った?
3話-やはりこんな青春ラブコメは間違っている。
4話-電脳男と青春女
5話-この素晴らしい港に祝福を!
6話-マイナスから始まるリア充生活
7話-No Nagoya No Life

関連記事

  1. 徳川美術館で尾張徳川家の雛まつり開催中【4月7日まで】

  2. お酒を飲まずに濃い食事

  3. 15.大高 和音は傷付かない【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

  4. 名古屋市内で見つけたマンホール蓋をまとめてみたよ!

  5. 麗麗[おいでよ名古屋イメージソング]を、おいなごちゃんが歌ってみたよ!

  6. まろ 様[好きがいっぱいのおいなごちゃん]【クリエイター様紹介】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。