13.冴えない名古屋の歩き方【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

3度目の擬似デートの日が訪れた。

3度目であり、最後の擬似デートだ。

最初に会った時と同じく、名駅で待ち合わせた二人は、朝食を摂るためサンロードへと向かった。

お目当ての店は、名古屋市内の至る所にあるCoCo壱番屋 でも異彩を放つサンロード店。

厳密に言うと名古屋市内発祥のチェーン店ではないが、国内最大のカレーチェーン店である通称CoCo壱は、サンロード店限定で『朝粥』を楽しむ事ができる。

ヘルシーかつ健康的な朝食のあとは、いつもとは更に趣向を変えて地上へと出る。

今回のプランは「バスツアー」である。

それも、単なる市バスではなく…市バス乗り場から乗れる「メーグル」を最大限に利用しようというのが、今回のプランである。

メーグルでは、500円で1日乗り降りし放題の乗車券を買える上に、電車では行きにくい観光地を『巡る』事が出来る。

停留所にて待つ事数分で、バスは乗り場に到着した。

メーグル…派手ですね。」

「うん…、そこが名古屋らしさあるけどね。」

バスに乗り、少しするとトヨタ産業技術記念館ノリタケの森を通過する。

改めて考えても悪くない観光資源だが、やはり1箇所では弱い。

県外の人でもわかる有名所で、間違いなく訪問するであろう名古屋城メーグルは通るが、城好きには名古屋城はそもそもオススメできない。エレベーター付いてるし。

しかしメーグルなら、地下鉄でのアクセスが悪い徳川園・徳川美術館に楽に行けるのだ。

「今回は名古屋城にも徳川園にも降りないけど、本番の時は結構使える路線だよ。」

「は、はい!」

メーグル べんり

とメモを走らせる美少女は、こう思っているに違いない。

『この2箇所に降りずに、どこに行くの…?』と。

2人が降りた先は、名古屋市市政資料館だった。

裁判所の跡地をそのまま利用した建物は、歴史的価値も高い。

そして何より、各階各所が美しい。

中川 八熊が名古屋城より数倍オススメしたい、観光スポットであった。

入館無料にも関わらず、アクセスの微妙さと圧倒的知名度の低さが影響してガラガラの…絵画の中のような館内を、絵に描いたような美少女と歩く。

そんな経験が現実にできるとは思っていなかったが、しかしこうして体験してわかった事がある。

「…3次元もいいなぁ…。」

「え、急にどうしたんですか!?」

「い、いやごめんなんでもないです…」

天秤をモチーフにしたステンドグラス。

ラスボスの城のような階段。

現実感のない3次元。

そこにいても、違和感を生まない美少女。

もしVR技術がここまで進化したら、人類は繁殖をやめるのだろうか。

などと馬鹿げた事しか思い付かない残念な思考を捨て、本来の目的を果たすべく案内をはじめる。

市政の歴史に興味がなくても、見る価値がある外観、内装。

落ち着きのある静かな時間を過ごす。

そんなデートも良いのではないか というのが今回のプランであった。

「…すごく、素敵な場所ですね。」

「なんていうか…異国感すらあるから好きなんだよね、ここ。」

「わかります。…本当に、ありがとうございます。」

「え、どうしたの急に…」

改めて感謝の言葉を口にされると、どうしていいかわからないのはコミュ障だからだろうか。

これ以上の言葉が出てこない。

「…だって管理人さんに会わなかったら、連れて行ってくれた所、一つも知らないままでした。」

「…一応、そういう所…選んだから。」

「どれも凄く新鮮で、楽しかったです。」

…この過去形が、妙に寂しく感じるのは

やはり…いや、考えるのはやめておこう。

あくまでこれは、擬似デート。予行演習なんだ。

最初から、最後まで。

「…楽しかった なんて、まだ名古屋はこんなもんじゃないよ。」

精一杯、感情を押し殺した。

そうだ、まだ今日は終わらない。始まったばかりだ。

市政資料館の館内にある喫茶店で軽食を採った後、二人はまたメーグルに乗った。

初めて会った日より、会話がぎこちなくなった気さえした。

そんな気持ちを他所に、バスは走る。

次の目的地は、テレビ塔

地上波デジタル放送に移行して以来、お役御免となった電波塔であり、今なお名古屋栄のシンボル的存在として、人々を見守っている。

観光地として推すには、高さが180mと微妙に低くて微妙との声もあるが、日本で最初に完成した集約電波塔であり、開業当初は東洋一の高層建築物だった。

地上波デジタル放送への移行が決まった当時のテレビ塔は、自分と似た気持ちだったのではないか

と、中川 八熊は自分勝手な想いを巡らせていた。

今日が終われば、自分はお役御免だ。

こんな美少女が男とデートして、告白して、失敗なんて常識的に考えて有り得ない。

元より自分のものでも何でもないが、今日が終わらなければ良いのに と切に願った。

「ここがやっぱり、ザ・名古屋って感じですね!」

眩しい笑顔を振り撒く美少女、大高 和音はそう言いながら、iPhoneを取り出した。

「管理人さん、一緒に写真撮りましょう!今日の記念です!」

…そんな事すると勘違いされるよ とも言えず、管理人たる中川 八熊は管理人らしくこう答える。

「ここで撮るより、オアシス21から撮った方が綺麗に撮れるし、名古屋っぽいよ。」

「さすがです!」

一緒に撮ってもらったら、絶対ホーム画面に設定しよう。絶対にだ。

そう心に決めた中川 八熊は、大高 和音と共にオアシス21 水の宇宙船へと向かった。

14話-大高 和音の憂鬱


これまでのおはなし

1話-やはり名古屋の観光に来るリア充は間違っている。
2話-ネットの名前はハンネだと思った?
3話-やはりこんな青春ラブコメは間違っている。
4話-電脳男と青春女
5話-この素晴らしい港に祝福を!
6話-マイナスから始まるリア充生活
7話-No Nagoya No Life
8話-名古屋の有名所しか紹介しない観光雑誌は間違っている。
9話-尾張のクロニクル
10話-とある名古屋の給水目録
11話-この美少女には問題がある!
12話-ドームの地下には車輌が眠っている。

関連記事

  1. 店内で飲み物を楽しむ

  2. m29n

  3. 店内で軽く食べたい

  4. m22n

  5. トランポリンで遊ぼう!ボルダリングも!雨でも遊べる「Mr.JUMP」【名古屋市・守山区】

  6. 名古屋市内で楽しめる、お値打ち食べ放題のお店まとめ☆

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。