02.ネットの名前はハンネだと思った?【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

久々の外の光を浴びたヒキニートである中川 八熊は、休日の名古屋駅の慣れない人混みの中、一人そわそわしていた。

質問者の提示してきた待ち合わせ場所は、ベタな金時計前だった。

とりあえず金時計なんて、間違っているとしか言いようがない。あんな人の多い所で、そもそも会ったこともない相手と待ち合わせなんて常軌を逸している。

そう考えた中川 八熊は、待ち合わせ場所を名鉄百貨店前、ナナちゃん人形の下へと変更した。

ここなら通行人こそ多いものの、金時計よりは相手を探す労力が減らせる。

そんな事を考えながらも、未だに自分がなぜ、見知らぬ相手のために普段出ない部屋の外に出てきたのか。

理由は単純にして明白だった。

憧れの先輩とのデートコースを考えるという憂鬱な前提があるとはいえ、3次元のリア充の女子との外出など、自分のこれからの人生において訪れるとは思えない。

しかも、メッセージでの会話から察するに恐らく若い、JKとやらだ。

自己満足のインターネットサイトの管理人をしながら、自室で毎クール変わる嫁を愛でる日々を送るだけのヒキニートは、そういった意味ではテンションが上がっていた。

期待こそしていないが、いい気分転換くらいにはなるだろう。

そんな事を考えながらも、今日も堂々と名古屋の街に立ち尽くすナナちゃん人形を見上げる。

ナナちゃん人形。

名駅エリアのシンボル的存在と認知されているが、見に来たからと言って、せいぜい写真を撮って終わりだろう。

実はミナちゃんという妹がいるという設定や、過去に赤ちゃんを抱いていた事から子持ちと推測されるという説を知っていても知らずとも、この周りに買い物以外のいわゆる観光資源が無い名古屋は、やはり弱い。

そう考えながらも、自信に満ちた姿で道行く人を見守るナナちゃんを見上げる。

やはり大きい。勘違いして欲しくはないのだが、中川 八熊は名古屋という街を愛しすぎている。

好きで、好きでたまらないのだ。

だからこそ、名古屋を決戦の場所に選んだという…大高 和音と名乗る存在が、気になって仕方が無かった。

どうせ遊ぶなら、楽しんで帰って欲しいものだ。

…それにしても、約束の時間までにはまだ時間がある。

街ゆく人の観察にも飽きた頃、明らかに見覚えのある学校の制服を来た女子高生に声をかけられた。

「あの…すいません。もしかして、管理人さんですか?」

見た目は完全に、今をときめく女子高生、しかもかなり可愛い。

普段誰とも話さないコミュ障でヒキニートな中川 八熊は、声にならない声でなんとか返事をしようとするが…間髪入れずに、件の美少女は言葉を続けた。

「初めまして、大高 和音です!今日はよろしくお願いします!」

そう言って美少女は、軽くお辞儀をする。

いやいや、待て待て。

よくあるハーレム展開系のラノベじゃないんだから…。こんな美少女が、こんな自分にデートコースの相談?

どこ行っても楽しいに決まってるだろ、常識的に考えて…。

様々な気持ちを押し殺しながらも、なんとか声を出す。

「あぁ、よろしく。」

コミュ障には精一杯の声。

しかし一つ疑念が浮かぶ。

「…ところでその名前って、本名なの?」

普通に考えれば、本名をネットで使ったりはしない。

しかし何だろう。この美少女はそういった普通が通じないのではないだろうか。

そんな予想が、想像が、やはり気のせいではない事を確信する。

目の前の美少女は首を傾げ、不思議そうにこちらを見て一言。

「もちろん本名ですよ?変ですか?」

あぁ、時代はここまで来たのか。

それとも時代のせいにしてはいけないのだろうか。

どちらにしても、言っておかねばならないだろう。

「…ネットで、見知らぬ相手に本名を名乗るのは、間違っている…と思うよ。」

3話-やはりこんな青春ラブコメは間違っている。


これまでのおはなし

1話-やはり名古屋の観光に来るリア充は間違っている。

関連記事

  1. 名古屋市内店内で食べる

  2. 名古屋市内で楽しめる!濃厚味噌ラーメンのお店13選☆

  3. 平成中にこんなことが起きるとは?日本の人気観光地で名古屋が初のベスト10入り

  4. 【7月20日から】松坂屋美術館でピクサー展開催

  5. 日本都市ランクで名古屋は12位と昨年より9位アップ!大阪、福岡、広島を上回る

  6. がっつり食べたい!名古屋市内の二郎インスパイアラーメンまとめ【15選】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。