ボリューム満点贅沢なごやめし!名古屋市内の「ひつまぶし」のお店まとめ

名古屋においでよ!

おいなごちゃん 食べましたー!

名古屋の最新観光情報をお届け!

1000円くらいの価格帯のものが多い「なごやめし」の中では高級なお食事「ひつまぶし」のお店をまとめてみたよ~!

名古屋においでよ!

ウナギってタレだけじゃなくて、焼き方・捌き方でも全然味が変わるからね。色んなお店を食べ比べると楽しかったよ~

名古屋市内のひつまぶしのお店まとめ

イチビキ【国際センター】

夜は予約しないとダメで、昼は整理券をゲットしないと食べられない、ひつまぶし界屈指の名店。
ご飯に対してウナギの量がめちゃめちゃ多い。幸せな余韻の残るひつまぶしです。

しら河【浄心】

他店では余裕で4000円を超える「肝入りひつまぶし」が税込3000円で楽しめるお店。
脂っこい感じのウナギが苦手な人にはオススメ。休日はめっちゃ行列ができる。

うな富士【鶴舞】

メディア出演多数。1時間以上の大行列必至の人気店。こだわりのウナギを使ったひつまぶしは、比較的油分豊富で最初から最後まで存在感と満足感が絶えない。

木屋【東大手】

パリッとした絶妙な焼き加減のひつまぶし。大き目のウナギが大胆に乗ってきます。何時間も待つような行列はできない印象。

鰻う おか富士【伏見】

比較的ウナギの味は濃厚。肝焼きも名物のお店。伏見駅近くとアクセスもめちゃめちゃ良い。行列ができるときもある。

いば昇【栄】

ほとんど行列ができない穴場。細かめに切られたウナギがご飯との相性バッチリな、気取らずに食べられるひつまぶし。

ひつまぶし花岡【栄】

梅と一緒に楽しむひつまぶしが名物のお店。油分多めの焼きで満足感と存在感を残しつつも、梅で最後までサッパリと楽しませてくれる。営業時間が短いので予約した方がいいです。

まるや【名駅】

ファンがとても多いお店。時間帯によっては全く並ばないけど、場所柄休日のピークタイムは結構待ちます。
比較的サッパリする味の「塩だれ」を使ったひつまぶしでも存在感を感じる油分の旨味が絶妙な焼き加減。

あつた蓬莱軒【熱田】

どの店舗に行ってもディズニーランドみたいに行列ができる、ひつまぶし界の県外知名度を背負ったお店。
細かく切っていても、身がしっかりしている印象。

光玉【矢場町・上前津】

油分豊富なのにくどさを感じない、タレと焼きが絶妙なバランスを保ったひつまぶし。
2人前以上注文すると、大きいお櫃に一緒にまぶしてくれるのも独特で嬉しい。大きなひつまぶしを取り分けて食べてみたい。

う家【名駅・八事】

鰻がいっぱい入ったひつまぶし。そもそもひつまぶしって贅沢してる気分になれる食べ物なんですけど、このお店のひつまぶしを食べている時の贅沢感はすごい。ずっとウナギの事だけを考えていたい。

大和田【熱田】

観光客が行く「超有名店」の影で、地元に愛され続けているひつまぶしの名店。タクシーで「ひつまぶし食べたい」って言うとよくオススメされる。
観光に来た際に、どちらかといえば地元の人が行くお店に行きたい人は必見。ウナギは比較的身が分厚くて満足感も高い。

ひつまぶし名古屋備長【いっぱいある】

名古屋市内の色んな場所で目にするひつまぶしのお店。とにかくアクセスが良い。待ち時間もそれなり。
丁寧に焼かれていて、重すぎない。平均的に愛されやすい味わいのひつまぶし。

そもそも、ひつまぶしとは?

細かく刻んだうなぎのかば焼きをおひつに入れたご飯の上に載せ、薬味や出汁とともに提供されるのが名古屋スタンダードなひつまぶしスタイル。
(中略)名古屋のうなぎのかば焼きは「腹開きにして、蒸さずに直火でタレを漬けながら焼く」という形、いわゆる関西風の焼き方に近い物が主流である。ただ、関西風とは異なり、腹開きにしたうなぎの頭を落とすことが多いようだ。
でらうまカンタン!名古屋メシのレシピ(p36)より

ほかの名古屋飯の記事はこちら!

関連記事

  1. 貝でもない

  2. 名古屋市はお彼岸のお供え「彼岸団子」の文化がある地域です。

  3. これがブラジルの味?!「オッソブラジル」の鶏の丸焼き【大須商店街】

  4. お肉食堂にくきゅうのローストビーフ重のコスパがすごい件【新栄・中区】

  5. おいなごちゃんラジオで紹介された名古屋スポットまとめ☆【第3回・覚王山編】

  6. 道南農林水産部のこぼれいくら丼が贅沢すぎる件【伏見】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。