15.大高 和音は傷付かない【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

大高 和音は、徐々に平静を取り戻しつつあった。

夕飯もまだ食べていないらしく、電話口で泣いていたのが嘘だったかのようにポツリと呟いた。

「管理人さん、…お腹空きました。」

「あ、うん…任せて。」

足を運んだのは、チーズのお家 であった。

女子はチーズが好き。

そんな偏見を持つ中川 八熊が、自信を持ってオススメするチーズ料理のお店が、ここだ。

少し見つけにくい場所にあるのが欠点だが、本当に美味しいチーズ料理の数々が楽しめる。

注文を済ませ、早速本題に入りたい中川 八熊だが…どうやって切り出せばいいのかもわからない。

そもそも、ようやく少し落ち着いた美少女を、また追い込むような事も当然したくない。

中川 八熊が悩んでいる中、先に切り出したのは大高 和音だった。

「…気を遣わせてしまってごめんなさい。もう、大丈夫ですから。」

「いや…うん。」

中川 八熊も、かつて恋をした事があった。

勇気を振り絞り、告白し、破れた過去があった。

当然悔しかったし、絶望もしたが 心のどこかで思っていた。

自分には無理だ。相応しくない と。

しかし、目の前の美少女 大高 和音はどうだったのだろうか。

自分で自信が持てなくても、こんな絶世の美女からの告白を断る事ができる男なんて存在するのだろうか。

失敗する要素があるとすれば、自分の考えたデートプランを相手が気に入らなかった可能性

それ以外に考えられなかった。

「えっと…それで、何があったの?」

何があったの?なんて、フラれた女子に聞いてしまう所がコミュ障スキルカンストの中川 八熊らしさである。

「…管理人さん、そのお話は…今度落ち着いてからでいいですか?」

「あ…うん、ごめん…。」

「いえ、大丈夫…です。」

言葉にしてから気付いた大失態だったが、しかし大高 和音は『今度』とも言った。

それに中川 八熊が気付いたのは、大高 和音の次の一言を聞いてからだった。

「…管理人さん、来週またお会いできませんか? その時、全部お話しますから。」

「…え? あ、あぁ。大丈夫だよ。」

それから特に言葉を交わすこともなく、普通に、普通の食事を済ませた二人は

次回の待ち合わせ場所の確認だけをして、上前津駅で別方向の地下鉄に乗った。

中川 八熊には、ついに大高 和音の考えていることが理解出来なかった。

自分は、インターネットで知り合っただけの、名古屋観光案内に長けた『管理人さん』であるはずだ。

今日の事を、そもそも話さなければならない という事も当然無いし、仮に話すとしてもメールでいいだろう。

これ以上、関わるメリットが大高 和音には無いはずだ。

それでも、律儀に会って話してくれる話を断れるわけもない。

しかし…来週こそが『最後』になるかもしれない。

「…あぁ、俺は何を…どうしたいんだろう。」

どうにもならない気持ちをどうにかするには、自分がどうにかなってしまいそうで

気持ちの整理もつかないままに、電車は目的地に着く。

地上に出て、都市高速の高架を見上げながらふと、思う。

…やはり、自分が他人と関わるのは、間違っている…のだろうか。

16話-彼女にフラグを立てられたら。


これまでのおはなし

1話-やはり名古屋の観光に来るリア充は間違っている。
2話-ネットの名前はハンネだと思った?
3話-やはりこんな青春ラブコメは間違っている。
4話-電脳男と青春女
5話-この素晴らしい港に祝福を!
6話-マイナスから始まるリア充生活
7話-No Nagoya No Life
8話-名古屋の有名所しか紹介しない観光雑誌は間違っている。
9話-尾張のクロニクル
10話-とある名古屋の給水目録
11話-この美少女には問題がある!
12話-ドームの地下には車輌が眠っている。
13話-冴えない名古屋の歩き方
14話-大高 和音の憂鬱

関連記事

  1. m30n

  2. 1959年9月26日に上陸した伊勢湾台風について名古屋気象台まとめで復習

  3. 18.俺の彼女がこんなに可愛いわけがない。【やはり名古屋の観光PRは間違っている。】

  4. 「名古屋めし台湾ラーメンアメリカン」がどこの国の料理かわからない件

  5. さっぱり米料理

  6. お酒を飲まずにあっさりしたものを食べる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。