入館無料の登録有形文化財、名古屋陶磁器会館を実際に見学してみた!【東区】

名古屋ご当地萌えキャラクター

おいなごちゃん 見学しましたー!

名古屋の最新観光情報をお届け!

すごい・・美しい陶磁器がいっぱいだ~!

名古屋ご当地萌えキャラクター

生産・輸出共に陶磁器産業が盛んだった名古屋市の、陶磁器産業の歴史が学べる展示室!これで入館無料はほんとにすごいと思う。

名古屋の最新観光情報をお届け!

しかもこれ、季節によって展示されているものも入れ替わるんだよね。定期的に通いたくなっちゃう・・!

建物そのものが登録有形文化財に指定されています。

登録有形文化財、名古屋陶磁器会館

名古屋ご当地萌えキャラクター

文化財に無料で足を踏み入れられるっていうだけですごい・・

陶磁器会館展示室

見学できるのは1階奥の展示室。

名古屋の最新観光情報をお届け!

1階以外の部分は、貸しオフィスとして今も現役で使われているんだよね。すごい・・!

館内、展示品の写真撮影はOKです!

名古屋ご当地萌えキャラクター

手で触れたりはしちゃだめだけど、写真撮っていいんだって!すごい!

実際に展示されていたもの

ミニチュア陶磁器

ミニチュアカップ&ソーサー

輸出向け陶磁器

和っぽい絵柄の陶磁器

シスターの陶磁器セット

色んなポーズのシスター

そもそも、名古屋陶磁器会館ってどんな場所?

陶磁器会館の役割

日本の輸出向け陶磁器絵付け加工の中心地だった、かつての隆盛を現世に伝える場所です。

名古屋市の陶磁器産業の歴史

名古屋陶業の成立

名古屋陶磁器会館の説明

明治の頃には、名古屋で陶磁器産業がはじまっていたようです。

名古屋東北部に輸出陶磁器業が結集した理由

陶磁器輸送の利便性

当時は物件の入手しやすさ、仕入れの利便性、輸出の容易さが良かったそうです。

名古屋が日本の中心になった時代

日本最大の陶磁器産業

陶磁器に関しては日本全国を引っ張る規模に成長しました。

戦後復興・そして衰退へ。

高度経済成長期

名古屋港開港から昭和40年頃までは、陶磁器輸出が日本のトップを独走していました。

パンフレット的なやつ

名古屋陶磁器会館概要
陶磁器会館パンフレット

名古屋陶磁器会館へのアクセス

愛知県名古屋市東区徳川1丁目10−3

営業時間

10時00分~17時00分 土曜日・日曜日・祝日は休館日です。

名古屋陶磁器会館の公式ページ

WEBサイト
Twitter
instagram



名古屋市内のほかの「入館無料の観光地」はこちら!

関連記事

  1. 【11月3日・4日】ノリタケのカップ&ソーサーが貰えて紅茶飲み放題!?AFTERNOON TEALAND

  2. 激安すぎるさーたーあんだぎー食べ放題を名古屋の沖縄カフェで【上前津・矢場町】

  3. [閉店]地獄の業火に焼かれるチキンとワインビュッフェをDEVIL CAFEで楽しもう【栄・矢場町】

  4. ゲームバー・アルタードで飲んで食べてゲームして夜まで遊ぼう【栄・住吉】

  5. 矢場町でたぶん一番穴場のカフェ、ドリームエイト【矢場町直結】

  6. ひんやりガッツリ食べたい人に!三芳屋のロースころうどん【東区・徳川】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。