フーシェもサブレヤもキュベットも。尾張松風屋【メイド・インナゴヤを買おう】

こんにちは。
名古屋生まれ名古屋育ち名古屋在住の名古屋市役所の職員、石原 治と申します。
名古屋の企業によるメイド・イン・ナゴヤの製品に囲まれて日々暮らしている一般人ですが、名古屋の企業と製品という切り口で、私の愛用している製品を紹介しながら、あまり知られていないかもしれないけれど、名古屋にはいろいろな企業やその製品があること、すなわち、メイド・イン・ナゴヤの魅力をお伝えできると良いなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回紹介するのは尾張松風屋です。

松風屋の歴史

松風屋は1900年(明治33年)創業の100年企業。

名古屋市で菓子製造業として創業し、「松風」という和菓子を販売。
戦後、1946年(昭和21年)には日本一のお菓子のまち名古屋市西区で菓子・チューインガムの製造を再開。
1971年に鶴舞駅の近くに現在の本社屋を完成して本社を置きます。
現在は、自社に製造工場をもたず、製品を企画し、製造は委託するファブレスメーカーとなっています。

松風屋の和菓子

お煎餅

現在の尾張松風屋の和菓子は、お煎餅が主力商品。
尾張松風屋の煎餅
素材の形を残しているのが特徴です。

煎餅

もちろん、名古屋名物えびせんべいも販売しています。

海老小丸

ミルフィーユのフーシェ(FOUCHER)

フーシェ(FOUCHER)は1819年にフランス・パリに創立したショコラティエの老舗。
日本では提携により、松風屋がフーシェブランドの洋菓子を販売しています。

私の世代では、フーシェといえば、ミルフィーユでした。
フーシェのミルフィーユ

スティック状でチョコレートをコーティングしたミルフィーユは高級感がある一方で個包装で食べやすい洋菓子です。

最近は、別のブランドにミルフィーユの主力を移したようであり、いまはフーシェはクッキーやタルトを中心に取り扱っています。

こちらはフーシェのFをプリントしたプチフール・セック。
フーシェのクッキー

名古屋らしい洋菓子

名古屋の企業らしく、限定の小倉バタータルトを販売していたこともあります。

小倉バター

季節の洋菓子

そしてフーシェでは、クリスマスやハロウィンなど、季節のお菓子も販売しています。

こちらも、ミルフィーユから、クッキー・タルトに主力が移っています。

ハロウィン商品

ハロウィンお菓子

クリスマス商品

クリスマスクッキー
クリスマス洋菓子

キュベット・ティサージュ・サブレヤ

比較的新しい松風屋の洋菓子ブランドがキュベット・ティサージュ・サブレヤです。

キュベット

キュベットは小さな立方体という形で統一した洋菓子のブランド。
看板商品はミルフィーユで、前述のフーシェから主力商品が移ったといえます。

一口大の個包装で、パイをこぼさずにいただけます。
「小倉バター風味」を入れたジェイアール名古屋タカシマヤ限定パッケージ。
キュベット
名古屋城と金シャチも美しくデザインされています。

クリスマス限定商品も販売されます。
クリスマス限定菓子

ティサージュ

ティサージュは、パイ菓子専門店です。

こちらは一口大の小さなリーフパイとショコラパイ。
リーフパイ

ミルフィーユもパイ菓子です。
和風パイ
和風のパッケージで、イラストレーター加藤彩さんの美しいデザインです。

名古屋限定の「小倉バター風味」を入れたミルフィーユのセットは、松坂屋名古屋店のティサージュで購入しました。
ナゴヤ限定パイ

キュベットとティサージュはかなり似ていると思います。
ティサージュでもクリスマス限定商品が発売されます。

クリスマスパイ

おいなごちゃんも買いました!

名古屋ご当地萌えキャラクター

これ美味しかった~!老若男女問わず喜ばれそうなお菓子だよ!

サブレヤ

サブレ専門店のサブレヤ。
サブレヤ

パズルのように詰め込まれたパッケージです。
サブレ専門店

こちらはおもちゃ箱のような大型のパッケージに入ったサブレ。
サブレ専門店

配りやすい個包装のパッケージは、青空に鳥の美しいパッケージです。
個包装サブレ

そして、クリスマスなどの季節商品もあります。

クリスマスサブレ

回るお菓子も松風屋

名古屋では丸栄の地下にあった回るお菓子売り場。
ラウンド菓子・Gram(グラム)・スイートプラザといわれていますが、松風屋の製品でした。

それゆえに、この回るお菓子売り場が日本で初めて導入されたのは、名古屋の名鉄百貨店です。

松風屋が昔から洋菓子販売に力を入れていたことがわかりますね。


クリスマスやハロウィンのお菓子、美しいデザインのミルフィーユ、おもちゃ箱のようなサブレ、名古屋らしい小倉風味の洋菓子、そして、姿形がそのままのお煎餅がほしくなったら、#メイド・イン・ナゴヤを買おう。

尾張松風屋の公式ページ

この記事を書いてくれたのは?

この記事は名古屋市職員の石原治が寄稿しました。
なお、記事の作成は完全にプライベートでおこなっており、内容はすべて個人の見解です。名古屋市はじめ所属する団体とは無関係であることを念のために付記させていただきます。

名古屋ご当地萌えキャラクター

いつもありがと~!

関連記事

  1. 名古屋エリアローカルおにぎり「あさりしぐれ」「ゆかりごはん」って知ってる?

  2. 不要不急の外出自粛でも!名古屋市内でテイクアウト可能なお店一覧【地図付き】

  3. ツナ軍艦【魚忠】

  4. おいなごちゃんがテレビに出演!?中京テレビ・キャッチ!【夕方の情報番組】

  5. カニサラダ【魚忠】

  6. たまごの寿司【魚忠】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。