ステーキのペレットもサラダバーも名古屋発。あさくまとブロンコビリー【メイド・イン・ナゴヤを買おう】

こんにちは。
名古屋生まれ名古屋育ち名古屋在住の名古屋市役所の職員、石原 治と申します。
名古屋の企業によるメイド・イン・ナゴヤの製品に囲まれて日々暮らしている一般人ですが、名古屋の企業と製品という切り口で、私の愛用している製品を紹介しながら、あまり知られていないかもしれないけれど、名古屋にはいろいろな企業やその製品があること、すなわち、メイド・イン・ナゴヤの魅力をお伝えできると良いなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回は、名古屋のステーキハウス、あさくまとブロンコビリーを紹介します。

ステーキのあさくま

あさくまとは?

中部・関東を中心に全国に50以上の店舗を展開するステーキのあさくまは、名古屋市天白区に本社があります。
あさくま本社

歴史

1962年(昭和37年)に、創業者の近藤誠司さんが、名古屋に隣接する日進市赤池で父親が営んでいた日本料理店に併設してドライバーズコーナーキッチンあさくまを開業したのが実質的な創業です。
創業者の近藤誠司さんは体格がよく、熊さんと呼ばれており、朝早くから仕入れに出かけていたことから、あさくまと名付けられたそうです。日本料理店の店名も「朝熊」です。

本店

あさくまの本店は、現在も、日進市の赤池にあります。

1973年(昭和48年)にフランチャイズチェーンも開始し、郊外ロードサイドレストランの先駆けとなりましたが、現在では大半の店舗が直営店です。
レトロな洋館のような内外装があさくまの店舗の特徴です。

ステーキのあさくま

あさくまのメニュー

ステーキはサーロインが看板メニュー。
焼き石発祥
ステーキの鉄板に乗せられた、鉄の固まりペレットはあさくまが発祥です。
お肉を温めていただくことができます。

ヒレ肉とホタテをベーコンで巻いたあさくまステーキ
あさくまステーキ
こちらはあさくまの独自メニューです。

学生ハンバーグは、成形肉のハンバーグを固めの食感となるようステーキ状にしたメニュー。
学生にお値打ちにお肉を楽しんでほしいという思いでつくられ、昔は学生ステーキという名称でした。
大学生ハンバーグ
学生ハンバーグ2枚重ねが、大学生ハンバーグです。

現在のあさくまの看板メニューのひとつ、あさくまハンバーグ。
こちらは、ハンバーグらしいハンバーグです。
あさくまハンバーグ

名古屋名物の大エビフライをトッピング。

昔のメニュー

昔は、あさくまでは、赤味噌をかけたトンテキ「トンテキマレーナ名古屋味噌」や、手羽先などの、名古屋らしいメニューがいくつかありました。

ステーキハウスのサラダバーもあさくま考案

今や日本のステーキハウスの多くが取り入れている食べ放題のサラダバーも、あさくまの考案といわれています。

サラダバー発祥

今のあさくまは、サラダだけではなく、フルーツ、スパゲティ、ごはん、パン、スープ、カレーまで食べ放題です。

あさくまのサラダバーといえばコーンスープ

あさくま名物コーンスープは何杯もいただいてしまいます。
とうもろこし汁

カレーも食べ放題!

カレーもごはんも食べ放題なので、カレーライスもいただけます。
激安カレー

ステーキを食べ終わった鉄板があり、スパゲティがあり、カレーがあると、名古屋名物鉄板インディアンスパゲティをつくりたくなります。
インディアン
卵の代わりにコーンスープを敷いてみました。

あさくまのドリンクバーではコーヒーも飲めますが、コーヒーフレッシュは名古屋市に本社があるスジャータです。
珈琲

あさくまの商品

さて、メイド・イン・ナゴヤを買おうがこのページのコンセプトです。
あさくまでは、店頭でもスーパーマーケットでも様々な商品が販売されていて、購入する事ができます。

コーンスープ

まずは、なんといっても、あさくま名物のコーンスープのレトルト。
あさくまコーンスープ

オニオンスープ

オニオンスープもあります。
玉ねぎスープ

カレー

curry
あさくまプレミアムビーフカレーはお肉がしっかりと入っています。

ソース・ドレッシング

dressing
ステーキのタレ
こちらはあさくまドレッシングミックスとステーキソース。

和風の商品も。

ちょっと意外な和風の商品が、もろみそとゆであずきです。

ゆであずき

過去の商品

ステーキ味のポテトスナックが販売されていたこともありました。

⇒あさくまの紹介記事

ご馳走レストラン・ブロンコビリー

ブロンコビリー

歴史

ブロンコビリーの前身は1969年(昭和44年)に創業者の竹市靖公さんが名古屋市北区に開業した喫茶店トミヤマです。
1978年(昭和53年)に名古屋市北区大曽根にブロンコビリー1号店がオープン。
1985年(昭和60年)に導入した炭焼きとサラダバーは、いったん廃止しましたが、2004年(平成16年)に復活。
炭焼きと、充実したサラダバーに加え、大かまどごはんを売りに、100店舗を超える出店を全店直営で中部・関東・関西に展開をしています。

ブロンコビリーの看板メニュー

ハンバーグ

ブロンコビリーの看板メニューといえば炭焼き超粗挽きビーフハンバーグ。
ブロンコハンバーグ
がんこハンバーグ、ブロンコハンバーグから名称を変更してきました。
テーブルで2つにカットして提供してくれます。
お塩でいただくのがオススメです。

あさくまに大学生ハンバーグがあるように、ブロンコビリーの炭焼き超粗挽きビーフハンバーグ2本盛りは520グラム。

圧巻のボリュームです。

ステーキ

ステーキも炭焼きで柔らかく食べやすいです。
ステーキ

サラダバー

ブロンコビリーの売りは新鮮なサラダバー。

サラダバーにえびせんべいがあるところが名古屋らしいですね。

以前あったメニュー

ブロンコビリーに2016年頃にメニューにあった、名古屋らしいメニュー。

がんこハンバーグ鉄板アラビアータ。
卵を敷いた名古屋風の鉄板スパゲティのうえにジューシーなハンバーグが乗っていました。

店頭で販売されているもの

ブロンコビリーの店頭で購入できる、レインボーペッパー。

そしてブロンコあめ。食後に1つもらえますが、販売もしています。


梅の風味で、お肉を食べた後の口の中がすっきりします。

⇒ブロンコビリーの紹介ページ

さいごに

ペレットやサラダバーを考案したのは名古屋の企業。

今夜はご馳走と思ったときに行くステーキハウスは、名古屋に本社があります。
そして、あの味の、コーンスープ・カレー・ドレッシング・レインボーペッパー・梅風味のあめがほしいと思ったならば、#メイド・イン・ナゴヤを買おう。

この記事を書いてくれたのは?

この記事は名古屋市職員の石原治が寄稿しました。
なお、記事の作成は完全にプライベートでおこなっており、内容はすべて個人の見解です。名古屋市はじめ所属する団体とは無関係であることを念のために付記させていただきます。

名古屋ご当地萌えキャラクター

書いてくれてありがと~!

関連記事

  1. 豚の旨味×タレ×白米の三重奏で箸が止まらない!豚郎で一気にエネルギー満タンに【伏見】

  2. 名古屋市ご当地キャラクター「おいなごちゃん」

    名古屋市非公式PR萌えキャラ【おいなごちゃん】プロフィール

  3. 味噌汁【魚忠】

  4. ハンバーガー専門店チルネコがオープン【庄内通】

  5. 焼きホタテ【魚忠】

  6. ばーぐ屋ぶりこの三段ハンバーグ【大須観音・上前津】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。