大正2年創業の伝統の味、長命うどんの名物「うそちゅう」【名古屋市・各地】

おいなごちゃん 食べましたー!

名古屋でよくみるうどん店「長命うどん」は大正2年の名古屋市中村区が発祥なんですよ。「長命の由来」は、、、この記事の最後に公式HPからの引用を紹介したからびっくりしてね。

たくさん食べる人にはもちろんだけど、
「小盛り」より小さい「ミニ」も頼めるから
少食な人にも、小腹がすいた時にもオススメです◎

各地にある店舗はホームページを参照↓

長命うどんの命名の秘密(お店のHPより引用)

大正時代、名古屋の開発事業の一環として堀川開発事業がありました。 堀川の運河に橋をかけて、人の行き来を活性化することを目的としてものです。 その時にかけられた橋の一つが、知らない方のほうが少ないであろう、かの有名な「納屋橋」。 その開通の式典として橋渡り式というものが執り行われたのです。

橋渡り式では、家業が3代夫婦で続いた縁起の良い家の者が最初に渡るという習わしがあり、その一組に選ばれたのが当店の初代の夫婦でした。 その時、名古屋市長から「長命」の名を授かった事から「長命うどん」という名前が誕生したのです。

ほかのうどんの記事はこちら!

関連記事

  1. 名古屋エビフライの名店!はね海老【円頓寺商店街】

  2. おいなごちゃんカメラ

    おいなごちゃんと一緒に写真が撮れる!?アプリ不要のタイムラインカメラ

  3. カリーノオルソのダッチベイビーでひとやすみ【上前津】

  4. 安くて美味しい名古屋丼!ラーダでエビフライ丼を食す【西区・庄内通】

  5. 店内で飲み物を楽しむ

  6. 蘇山荘で徳川美術館の余韻に浸っていこ【東区・徳川】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。