金シャチ横丁が名古屋城の入り口に3月29日オープン

特別史跡・名古屋城には入り口が2箇所あります。
それぞれの入り口の前に食事や名産を買える商業空間「金シャチ横丁」が2018年3月29日(木)にオープンしました。

正門入口は、初代名古屋城主の徳川義直公の名前をとった「義直ゾーン」。

東側入口は、江戸時代中期に自由闊達な名古屋文化を花開かせた7代目徳川宗春公にちなんだ「宗春ゾーン」の2か所です。

それぞれは離れており、正門の義直ゾーンは名古屋城とともに夕方閉まりますが、宗春ゾーンはお店によっては夜遅くまで営業。
名古屋城入城も手の甲にスタンプを押すことで出入りが自由になっていますので、食べて、戻って、食べて、戻って、ができます。

公式サイトのアクセス情報から引用

公式サイトはこちら

正門前の義直ゾーンは伝統と老舗のお食事空間

初代城主の名前にちなみ、歴史のある名古屋メシの名物や名店が並びます。

スギモト牛鍋店

名古屋にも文明開化の音がする?明治33年創業の肉専門店「スギモト」が出す「牛鍋店」です

みそかつの矢場とん

わらじのような大きなカツに濃い味噌ダレでおなじみの矢場とんも出店

名古屋とうふ河口

味噌みそミソ!味噌田楽で江戸時代の旅人気分に

つけもの守口漬 尾張屋

「奈良漬」がなぜか名古屋の名物で、駅前ではてな?と思った人もいるかも。創業明治2年の漬物屋さんは守口漬や奈良漬の名店だよ。

えびせんべいの里

名古屋藩に属した知多半島の名産「えびせんべい」


那古野茶屋

名古屋で江戸時代の1634年から続く老舗お菓子屋さん両口屋是清のおもちを茶屋で食べて江戸時代気分!

お土産屋さん「なごみゃ」

てんむす、天ぷら、天丼 徳川忠兵衛

もはや名古屋めしといっても、三重県民以外は過言でない天むすも食べられる!
名古屋で海鮮居酒屋「ぴち天」を展開するまつりグループのお店です。

名古屋・愛知関連の地酒 十代目儀助

地酒をカウンターで立ちのみして、フラフラなバカ殿さま気分で登城しちゃう?

味噌煮込みうどんの「山本屋総本家」

エビフライを名古屋城の金シャチにみたてた「金シャチ煮込みうどん」でお出迎え。きしめんもあるよ。

ひつまぶし名古屋備長

名古屋めしの代表格のうなぎのひつまぶし

名古屋コーチンの鳥開総本家

名古屋・愛知の食材といえば鶏肉「名古屋コーチン」。この名古屋コーチンをつかった親子丼や手羽先を用意

営業時間
義直ゾーン/10:30〜名古屋城閉門30分後まで
*お店によってはもっと遅くまで営業予定
休業日/名古屋城の休業日に準ずる

東門前の宗春ゾーンは気鋭と新風の食文化

自由と文化を愛した7代藩主徳川宗春にちなみ、新風気鋭の名店が並びます。

愛知特産の保美豚をつかったポークレストラン岳屋

愛知県の渥美半島特産の保美豚!(ごめん、知らなかった)に特化した肉料理が楽しめます。昭和区にあるラーメン岳屋さんの新業態かな?

営業時間 10:30~22:30(ラストオーダー 22:00) アイドルタイム16:00~17:00

野菜とシーフードSaien

野菜カフェ&シーフードバー「サイエン」。NYで流行っている「サラダ文化」を逆輸入。名古屋に野菜をメインにする食文化を目指しているそうです。

【ランチ 10:30〜14:00】
【カフェ 14:00〜17:00】
【ディナー 17:00〜】

創作串揚げ つだ

揚げ物大好き名古屋人!串揚げも大阪だけでなく名古屋食だよね。

ステーキ CafeDiner Pop☆Over

熟成ステーキやハンバーグ、ローストビーフなどの肉料理を出します。愛知の名産西尾の抹茶をつかったケーキや「忍者アイス」など名古屋城限定メニューも。
居酒屋「座座」などを展開する名古屋に本社のあるインデックスグループが経営です。

お店のHP

スローフードイタリアン 城町グリル

愛知の酒蔵のお酒、野菜を中心としたスローフードなイタリアン「SHIROMACHI GRILL(城町グリル)。

お店のHP
お店のインスタ

あんかけスパ あんかけ太郎

名古屋めしのひとつ「あんかけスパ」の「あんかけ太郎」。注文はもちろん鉄板で?

台湾まぜそば、つけめん ラーメンフジヤマ55

「台湾」はもはや、辛くておいしい名古屋めしの麺の一般名詞。フジヤマ55はつけ麺で知られる名古屋の人気ラーメン店

営業時間
義直ゾーン/10:30〜22:30
休業日/名古屋城の休業日に準ずる

義直ゾーン

宗春ゾーン